目次

  1. 大磯へ移ります!
  2. 当社の働き方
  3. 当社の将来
  4. 望ましい素養

1.大磯町へ移ります!

当社は2022年上期中に神奈川県中郡大磯町へ本社移転する予定です。
東京からの移転の理由は以下の通りです。

【環境面】

  • 農畜林水産業がそろっており生産者様と情報交換が容易
  • 海も山も近く気軽にリフレッシュが可能
  • 明治維新以降、日本政治の奥座敷であり歴史がある
  • 別荘地ということもあり開発が少なく静か
  • 地域コミュニティの活動が活発(既に参加してます)

【ビジネス面】

  • 東京駅まで電車で1時間。東京での打ち合わせに支障がない
  • 地方創生スタートアップとしてのブランディング
  • スタートアップ企業がほぼない(鎌倉は多い)
  • オフィスの家賃が安い(都心の半分程度)

【生活面】

  • 賃貸の家賃、土地代ともに都心の半額程度
  • 潮風は身体にいい(やや民間療法的ですが)

大磯町は東京から近く、平塚や小田原、茅ヶ崎、藤沢という結構な都会もすぐなので、他の地方の方からしたら「ぜんぜん首都圏じゃないか!?」と怒られそうですが、それでも鎌倉や逗子に比べると地味な地方という感じがします。

正直なところスーパーや安い外食チェーンの店が少なく、歩いたらなんでもある都心より不便です。しかし使い古された言葉ですが、今はネットの時代です。有名ネット通販はもちろん、最近の大手スーパーは格安の送料で何でも配達してくれます。

この大磯という素晴らしい環境をフルに生かし、生産性高く、それでいて一人一人の従業員が充実した人生を送れるよう、会社として「当社の働き方」を模索していきたいと考えています。

大磯オフィスは駅近で海が見える山の上で探していますが(民家を少し改装の予定)、決まらない場合は大磯駅から歩いて10分弱のコワーキングスペースを一時的に借りる予定です。

2.当社の働き方

残念ながら当社は超零細スタートアップのため高いお給料をお出しすることができません。

そこで、現在の給料以外にメンバーの方に報いることができないか?
当社は以下の事を従業員の皆さまにお約束したいと考えています。

  1. 将来の給料の期待値を上げる
  2. 社会(特に農業や地域)に貢献できない仕事をしない
  3. プライベートの充実
  4. 地域ボランティアを推奨(仕事と家庭以外の場を作る)

①、③、④が同時に可能になるよう、私たちは業務のデジタル化を試行錯誤しております。現在、Google Workspaceを中心としたクラウド上での共同作業や自動化、そしてテレワークを進めており、今後の生産性向上を見込んでおります。

また①の為だけではありませんが、将来の上場を目指しています。なるべく早い時期にストックオプションをお渡ししてリスクを背負って入社する方に報いたいと考えています。

私たちの会社の最終目的は「日本中(そして世界中)の地域社会を豊かにする」です。自分の時間、家族との時間、地域との交流を大切にして貴重な人生を充実させつつ、それを会社の事業にフィードバックし、会社を使って地域社会をより良く変えて頂ければ望外の喜びです。
これは「仕事のオンとオフを明確にする」という通常の会社で言われていたことに反します。しかし、経済学の大家シューマッハーは以下の事を言っています。

「その真理とは、仕事と余暇とは相補って生という一つの過程を作っているのであって、二つを切り離してしまうと、仕事の喜びも余暇の楽しみも失われてしまうことである。」(「スモール イズ ビューティフル」, E・F・シューマッハー,講談社学術文庫)

仕事と余暇、両方を充足し相乗効果をもたせるためにも私たちは社内制度の充実を進めて参ります。
(とはいうものの、仕事でもプライベートでもそれぞれ守秘義務はありますので、そのあたりはメリハリつけて)

3.当社の現在と将来

当社は今後、商品先物取引業のライセンス取得後、和牛保険デリバティブを販売していく予定です。競争力の源泉は機械学習モデルを用いた保険デリバティブのショートに対するリスク管理モデル(主にR言語)と既存のクラウドサービスやスクリプトを活用したバックオフィスの効率化、自動化(Google App Script)です。

和牛保険デリバティブが売れるたびにリスクが社内に溜まっていくので、それをうまくヘッジし、さらに効率化されたバックオフィスによって営業利益を残すという仕組みです。

言ってみれば"守り最重視のビジネス"で、「攻撃が最大の防御」ではなく「防御が最大の攻撃」です。
その為、上記のようなリスク管理、経営管理のデジタルによる高度化が必須となっております。

そして現状の人員ですが2名+αのと極小な会社です。

近々、バックオフィスを中心に組織を固める他、有名企業の元役員などを社外取締役に招聘する予定で、5名~7名くらいの体制で現在の和牛市場で収益を出すことを目指します。

今後の5か年計画として以下のものを考えています。

  • 和牛分野の横展開(例えばアプリや他の金融サービスの開発)
  • 次のニッチマーケットへの進出(他の農産物で保険デリバティブ販売)
  • 他拠点の拡大(現在は秋田のみ、今後は西日本も)
  • 海外市場のテスト進出
  • 大磯発(初)の上場に向けた準備

日々の業務は小さく地味なものも少なくありませんが、大きな夢に向けて一緒に頑張りましょう!

4.必要な素養

ポジションに関係なく入社にあたって必要と思われる素養を列挙させていただきます。

  • 地方での生活に困らない、むしろ大磯は便利と感じる感覚
  • よく「前例がない」と言われるので、それを聞いて喜ぶ感覚
  • マニュアル無しでもストレスを感じない、むしろ自分で作る!
  • 初めてのITツールを喜んで使い、活用法を考えるのが好き
  • コンプライアンス、倫理規範を面倒と思わない人

当社のIT環境につきまして、Chromebook+ChoromeOS+Google Workspaceが基本となります。これはコスト削減もさることながら、リモートワーク化を進めつつ内部統制のためのIT管理を容易にするためです。WindowsやMacに慣れている場合、少し落ち着かないこともあるかもしれませんが、新しいIT環境を楽しんでください。データサイエンティストや開発担当の方には別途環境を用意いたします。

最後のコンプライアンス・倫理規範はとても重要で、私たちが取り組もうとしている分野「和牛」と「商品先物取引業」は過去に様々な社会問題を起こしてきた歴史があります(これとかこれとか)。結果的に民間主導の農業金融の発展やコモディティ市場の発展が遅れ、欧米はもちろん中国に後れをとってしまっています。

私たちは強いコンプライアンス意識、倫理観をもって和牛保険デリバティブに取り組み、この分野における社会的信用を回復さ、日本のコモディティ・ファイナンス、特に農産物を主としたソフトコモディティ・ファイナンスを再生したいと考えています。そのため通常の少人数スタートアップにはない、しっかりとした内部統制の構築(上記のChromebook採用もその一環)を急いでいます。内部統制は人によって企業成長の足枷になると考えているかもしれませんが、不要なリスクを排除し、果敢に成長へのリスクを取り成長するための仕組みです。

ご一緒に農業金融と地域創生を盛り上げ、さらには日本のコモディティ・ファイナンスを世界レベルへ成長させましょう。