和牛は以下の理由から日本の地域創生、農業振興の要であると考えられます。

  • 中山間地域や島嶼群でも飼育可能
  • 裾野が広い産業
  • 生産量、輸出の拡大期待
  • 堆肥(牛)とワラ(田畑)の資源循環

一方で1経営体あたりの販売量が増加傾向にあり、取引価格の変動による経営への影響は年々増しています。

和牛の価格変動は景気などに左右されるため、もはや神のみぞ知るもので経営者の努力だけではリスクを減らすのは難しいでしょう。

当社の和牛保険デリバティブを使うことによって取引価格の変動による経営へのダメージを減らし和牛生産者様の成長の鈍化を最小限に食い止めることが期待できます。

和牛生産者様が持続的かつ安定的に成長することで、従業員の雇用や新規参入、観光や仕事などによる関係人口の増加が期待でき、地域経済の活性化に繋がると私たちは信じております。